イソフラボンイメージ

過剰摂取は生理痛の原因

私は豆乳が大好きで、よく無調整豆乳を購入します。
しかし、好きだからと言って多くは摂らないように気をつけています。
ストレートで飲むならコップ一杯、料理に使う場合は大豆や豆腐など豆・豆製品を他に使っていないなら飲む分とは別にコップ一杯を上限目安にしています。
そして、月経の予定日の数日前から終了までは豆乳は特に飲まず、普段の食事の中で豆・豆製品が入っていても多くは食べないように気をつけています。
イソフラボンの摂取量の目安はこちらを参考にすると良いでしょう。。
30歳を目前にした頃、イソフラボンがエストロゲンという女性ホルモンとよく似た働きをし、せっせと摂取することで女性の肌や髪、バストやヒップなどのボディライン形成にとてもいい効果が見られることを、美容に詳しい友人から教えてもらいました。
それがきっかけで豆腐や豆乳を以前より意識して摂るようになり、コンビニでおやつを買う際にも大豆を原料としたシリアルバーなどがあればそれを優先して買っていました。
しかし、肌やバストへの効果を感じるより先に生理痛が重くなったのです。
それ以前から生理痛はあり時々鎮痛剤を服用するほどだったことと、女性の体は年齢と共に変化すると聞いていたのでそのせいだと思っていたのもあり、原因が豆・豆製品の摂取量にあるとは思いませんでした。
それから何年か経った頃、全身に湿疹広がって皮膚科医でも原因が特定出来ないことがあり、そのことを友人に話した時に「もしかしたら加齢による女性ホルモンのバランスの崩れかもしれない。
」と言われ、女性ホルモンについて自分でインターネット検索をしてみたことがありました。
すると、エストロゲンとプロゲストンという二つの女性ホルモンの分泌量のバランスについて書かれているテキストが何件も見つかりました。
エストロゲンの分泌量がプロゲストンの分泌量を大きく上回った状態が続くと、月経異常のほか、妊娠しにくくなったり、妊娠したとしても早産や流産のリスクが高まるとも言われているのです。
それを読んだ時、イソフラボンがエストロゲンとよく似た作用をすることと意識して多く摂るようになった時期を考えてみました。
はっとし、次の月経予定日の一週間ほど前から豆・豆製品を控えてみました。
通常なら毎日最低1パックの納豆とコップ一杯の豆乳は欠かさなかったのですがそれらは控え、味噌汁は味噌を使わないスープにするなど自分で出来る範囲でアレンジしまた。
すると、その月の月経期間は痛みも少なく、鎮痛剤の服用も少なく楽に過ごせたのです。
もしかした他にも理由はあるのかもしれませんが、影響がないとは考え難い結果でした。
それ以来、最低でも月経開始予定日の3日前からはイソフラボンを多く摂らないよう気をつけるようになりました。
あれから更に年齢を重ねましたが、生理痛は重くなっていません。
いいと言われる成分も、メリットとデメリットをきちんと知った上で美容や健康の維持、向上に役立てるべきだと学びました。
妊娠中は子供のためにイソフラボンを控えた方はよいかもしれません。
余談ですが、出産後は何かと忙しいため、私は妊娠中に学資保険に加入しました。
オススメの学資保険はこちらをご覧ください。

Copyright(c) 2010 大豆.com All Rights Reserved.